激安・特価・価格比較情報の壺ブランドの歴史 brand history > グッチの歴史

グッチの創業者グッチオ・グッチは、1922年、英国からの革製品の輸入・販売店をフィレンツェに開業。その店は順調に売上を伸ばし、翌年にはフィレンツェ伝統の職人技術による、ハンドメイドの高級革製品の店を開くことになりました。

当時の政情不安を背景に、グッチは何度か倒産の危機に見舞われますが、独自のアイデアで見事に乗り越えていきました。

1935年、国連による経済制裁で、イタリアは他国との貿易が禁止。皮革の入手が困難となったグッチの経営はたちまち危機に瀕しましたが、グッチオと彼の息子アルドは、確保していた原皮を減らさないように、皮革以外の素材をミックスして製品を作ることを考えました。この時に生まれたのが、竹と革を組み合わせた「バンブーバッグ」です。

そして1938年アルドは自社のバッグにマークを自らがデザインを引き、自分のイニシャルのGをふたつ組み合わせた、いわゆるGGマークを完成させたのです。

グッチオの死後、グッチはその息子や孫に受け継がれ、「ビットモカシン」や香水などの大ヒット商品を生み出しました。しかし、経営的な内部紛争が絶えず、企業改革に苦慮する日々が続きました。

しかしグッチは、90年代に入り抜本的な企業改革に着手。94年にはクリエイティブ・ディレクターとしてトム・フォードを迎え、伝統と歴史に現代的なトレンドをミックスした新しいブランドイメージを作り上げ、華々しいイノベーションを遂げたのです。





この記事へのコメントはコチラから




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


この記事へのトラックバックURL

http://www.white8888.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/5