激安・特価・価格比較情報の壺ブランドの歴史 brand history, ブランドの歴史 brand history > ルイヴィトンの歴史

旅行鞄メーカーとしてのルイ・ヴィトンの歴史が始まったのは、1837年。この年、地方から上京し、上級階級の人々の「荷造り職人」となったルイ・ヴィトンは、頑丈で美しい木箱を作る技術で次第に頭角を現わし、1854年にはパリに世界初の旅行鞄専門店を開業しました。

当初の製品はナチュラル・レザーやグレーのキャンバス地を使用したスーツケースで、その実用性とデザイン性はパリの人々に高く評価されていたといいます。

その後ルイ・ヴィトンは、97年に再び商品化された市松模様「ダミエ」を考案。そして、1896年、ジョルジュ・ヴィトンのアイデアで、「モノグラム」が誕生しました。茶色の地に、ベージュでLVのロゴと日本の家紋からヒントを得た花の略図をあしらったモノグラムの柄は、キャンバス地にコーティングを施した素材にプリントされ、このブランドのシンボルとなったのです。

それから90年後の1986年、麦の穂をデザイン化した型押し革による「エピ」を発表。1993年にはメンズ向けの「タイガ」、カーフを使った格式高い「オペラ」シリーズと、そのラインナップを確実に広げていきます。

そして1998年にマーク・ジェイコブスを迎えたルイ・ヴィトンは、新たなイメージを打ち出して多くの人々を驚かせました。中でも衝撃的だったのは、「ヴェルニ・シリーズ」の発表。エナメルのような光沢と息をのむほど鮮やかなカラーを持つヴェルニは、世界中で大ヒットし、新生ルイ・ヴィトンの誕生を多くの人々に印象づける結果となりました。





この記事へのコメントはコチラから




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


この記事へのトラックバックURL

http://www.white8888.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/6