激安・特価・価格比較情報の壺ブランドの歴史 brand history > ティファニーの歴史

「A Life Time of Tiffany ~人生にティファニーを」のメッセージで知られるティファニーの創業者チャールズ・ルイス・ティファニーは、1837年ブロードウェイ259番地に友人と共同でファンシーショップを開きます。ささやかなるティファニーの誕生です。

以後彼の才覚でショップは急成長し、19世紀中ごろにはヨーロッパの市民革命で国外に逃れようとしていたフランス貴族から格安でダイヤモンドを仕入れ、宝石商となるのです。

1851年からはジョン・ムーアを招いて銀細工製品も手掛けるようになります。ティファニーにシルバーアイテムが多いことの所以です。1886年には1粒のダイヤモンドを6本の立て爪で留める「ティファニーセッティング」が生み出され、ダイヤモンドの輝きを最大限に引き出すスタイルが確立しました。

1950年代からはジーン・シュランバーゼやエルサ・ペレッティ、パロマ・ピカソなどのデザイナーとのダブルネームで次々と新作を発表。さらに1961年に公開された映画『ティファニーで朝食を』を機に「夢と希望と満足を」という創業者の託されたジュエリーが、幸せの象徴として今も多くの女性を魅了。そのデザインは、装飾的なヨーロッパジュエリーとは一線を画すモダンでチャーミングなラインです。

1853年にティファニー本店に備えつけられたアトラスクロックのアラビア数字からヒントを得たアトラスコレクションや、ペレッティが生み出したビーンやボーン、ティアドロップコレクション、ベビーに幸せを託すシルバーコレクションなど、ホスピタリティあふれるアイテムが今も様々なギフトとして愛されています。





この記事へのコメントはコチラから




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


この記事へのトラックバックURL

http://www.white8888.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/8